便秘解消すぐに治す方法-運動と食事レシピ

MENU

便秘をすぐに治したい人必見、20年以上苦しんだ私の体験談

便秘をすぐに治したいなら、薬が一番即効性がありますが、腸に負担をかけるため
服用した際のお腹の痛みや下痢の危険性があること、

 

常用し続けることで、腸の本来の働きが段々とにぶくなり、更に便秘が進むという副作用
あります。

 

便秘は体を根本的に変えることで、自然に排便が出来る状態に戻すことが非常に大事です。

 

当サイトでは、便秘体質の改善に役立つ最新の運動・食事方法を紹介します。

 

運動や食事療法をするのが面倒ですぐに体質改善をしたいなら、
オリゴ糖、乳酸菌、食物繊維が一度に摂取できる、サプリメントがおすすめです。

 

今まで、ヨーグルト飲んでも便秘が治らない野菜を沢山摂取しても、治らない、、
という経験をしたことありませんか?

 

それは、オリゴ糖、乳酸菌、食物繊維の内、1つだけの摂取では、効率的に栄養素が
腸まで届かないからなんです。

 

 

善玉菌を腸まで送り増やしてくれる人気の便秘サプリメント
副作用が無いので、リピーターが多い商品です

 


便秘の副作用が無い薬 
市販便秘薬おすすめ

 

 

 

私の辛すぎる便秘体験談

 

便秘の解消にすぐ効果がある方法

 

便秘がひどくてもう1ヶ月ほどまともに便が出ない。。。。。

 

便秘のせいで便が体内にあるのが良く分かるし、便秘でお腹が張って物凄く痛い、
便秘中のおならは本当に臭い、でもしないと、ますます苦しくなるし、
肌の調子も悪くなるし、便秘は本当に最悪、

 

すぐに便秘を解消したい!

 

と私は15年以上、便秘の解消に悩みつづけていました。

 

たまに便が沢山出る時があっても逆にすぐ下痢気味になってしまい、
それが終わると、また便秘になってしまう。

 

便秘を解消するために野菜は沢山食べる様にしているし、便秘解消にすぐ飲めるように乳酸菌商品も買っている、

 

水分も沢山とって、便秘にすぐ効果があるといわれている運動もしている、、、、

 

 

便秘の解消に色々な方法を試しましたが、どれもすぐに効果がある用なものはありませんでした。

 

 

備考>便秘の解消にすぐ効果がある方法

 

 

 

 

便秘がすぐに解消できないと死亡するんじゃないの?

 

便秘が続き、お腹がはり、夜眠れない時が続くと、

 

”便秘がすぐにでも解消されずにこのまま続いたら、便秘のせいで腸が破裂して死んでしまうのでは?” 
と真剣に悩みました。

 

閔妃をすぐに解消したくて、病院も何度も通いましたが、

 

便秘を解消するためにわたされたのは、下剤と一般的な食事や運動方法を教えてくれるだけ

 

根本的な便秘の解決にはなりませんでした。

 

ちなみに、
便秘がひどくて、胃腸が痛い、お腹が痛い状態を、長期間放置すれば、
腸閉塞を起こして死亡する例もある様です。

 

普通は便秘が解消されず続いた場合、便秘の痛みに耐え切れず、
便秘をすぐ解消するために下剤や浣腸をするので、
便秘が直接的な死亡の死因になったというケースは聞いたことが無いと

 

お医者さんは言っていました(-_-;)

 

 

→ 便秘で死亡したという女性の話

 

 

お医者さんに行っても治らなかった私の便秘が治ったのは、
食物繊維、オリゴ糖、乳酸菌全てを同時に摂取できる
サプリメントを試しに飲んでみたからです!

 

>>絶対おすすめ!すぐに楽になります!<<

 

市販便秘薬おすすめ

 

 

 

 

15年以上苦しんだ私が便秘から解消された方法

 

毎日、便秘で辛い思いをしていた時に、同じく便秘に悩む同僚の女の子(A子)と
便秘がすぐに解消できる方法がないか話ていた時に、

 

他の女の子(B子)が便秘をすぐに解消できるよと、教えてくれた方法で

 

私の便秘はすぐに治りました。

 

便秘をすぐ解消してくれた方法を詳細に言うと、きちんと便秘が解消されて安定したのは、2週間程度でしたが、
効果はてき面、便秘がすぐに解消できたのでした。

 

 

その便秘をすぐ解消する方法は、特に難しいことではないのですが、確かに今まで、私が実践していなかった事でした。

 

 

参考:便秘の解消にすぐ効果がある方法

 

 

 

 

便秘をすぐに解消するには、朝の水のみ、乳酸菌、運動、野菜の摂取

 

便秘の解消にすぐ効果がある方法

 

これだけ見ると、便秘が解消できずに悩んでいる人はすぐ

 

” こんな便秘解消方法、私は経験済みだけど、すぐに効果なんて無かったよ!”

 

というかもしれませんが、

 

大事なのは、

 

これらの便秘解消方法を 同時進行で行うこと です。

 

どれか1つだけでは無く、全てをこなしていくことです。

 

 

便秘で悩んでいる人は、これらの方法がすぐ効果があると聞くと、どれか1つを集中的に行って
それが、便秘の解消にすぐに効果が出ないと諦めてしまう傾向があります。

 

私もそうでしたが、どれか1つを実践し、例え便秘解消にすぐ効果があっても、1つだけを続けただけでは
便秘解消の効果が長く安定して続かないんです。

 

 

繰り返しますが、大事なのは、

 

これらの便秘の解消方法を同時に、続けて行うことなんです。

 

 

便秘の解消方法を続けて行うことも、大事な事なので、このブログでは
面倒臭がりやな私が長く続けられた方法も、詳細にご紹介します。

 

 

口コミ【 便秘の解消にすぐ効果がある方法 】

 

 

 

 

便秘にすぐに効果が出る方法は ”朝の水のみ”と乳酸菌

 

既に、便秘の解消方法として

 

朝の水のみ、乳酸菌、運動、野菜の摂取

 

と説明しましたが、

 

 

すぐに効果が出る方法として、試してもらいたいのが

 

朝起きてすぐの ”水のみ” です。

 

 

聞いたことはあるかもしれませんが、一般的な便秘の解消方法はコップ一杯の温めの水を
朝起きたらすぐに一気飲みする

 

というものです。

 

 

でも、私がお薦めする便秘にすぐ効果のある便秘の解消方法は少し違います。

 

 

朝、起きたらすぐに飲むのは同じですが、私の場合、

 

なるべく冷たい水をすぐ、4〜5杯 一気に飲むというものです。

 

 

一般的な便秘の解消方法はテレビなどで紹介されており、私も便秘の解消方法を実践しましたが、
すぐに効果はありませんでした。

 

それならばと思い、私が便秘解消のために実践したのが、寝起きにすぐ4〜5杯の冷たい水を飲む方法です。

 

 

勿論、1杯の水ですぐ便秘解消の効果がある人はこんなに飲む必要はありませんが、
私の様に、重たい便秘の人は、このぐらい飲まないとすぐは効果がありません。

 

 

また、寝起きすぐ冷たい水を飲むことで、体が冷えるという心配もあるかもしれませんが、
やはり、ぬるい水より、胃腸を強烈にすぐ目覚めさせてくれます。

 

 

まずは、この ”寝起きすぐ冷たい水を4,5杯一気飲み!” の便秘解消方法を是非、試して下さい。

 

 

 

便秘をすぐに解消させるのは乳酸菌より食物繊維

 

便秘解消する食べ物、、、、

 

と考えるとすぐに思いつくのが ”乳酸菌” ”食物繊維” では無いでしょうか?

 

でも、皆さんの今までの経験で本当に乳酸菌を摂取して、便秘が解消された方っていますか?

 

私は、今でこそ乳酸菌のサプリメントを摂取していますが、それまでヤクルト、ヨーグルト、
ビフィズス菌等、便秘に良いと言われている乳酸菌を色々と摂取してきましたが、

 

即効性のあるものはありませんでした。そもそも効果があったかさえも疑問でした。

 

最近の研究等で、その理由が判明してきました。

 

 

乳酸菌が便秘に効くのは限定的

 

乳酸菌を摂取したからといって便秘が解消されない理由がいくつかあるのでご説明します

 

1.乳酸器に効果がる便秘の種類は限定的だから

 

便秘にも種類があり、乳酸菌が役に立つ便秘は、「弛緩性便秘」と名称の便秘で、
その他の痙攣性便秘や直腸性便秘には、乳酸菌は余り役に立たないのです。

 

2.体にあった乳酸菌を選ぶ必要があるから

乳酸菌といっても色々な種類の乳酸菌があるのですが、
その乳酸菌の中でも効果がある乳酸菌は人によって違うという事があります。

 

ある人には効果があっても、私には効果が無い という事例が乳酸菌には沢山あります。

 

そもそも乳酸菌は腸にまで届かない説

乳酸菌が便秘にすぐ効かないという理由で一番大きいと思われるのが、この

 

”乳酸菌は腸にまで届かない” という説です。

 

とても納得いく説で、乳酸菌は便秘が詰まっている腸に届くまでに
口、食道、胃を通ることにより、
それぞれの消化液で乳酸菌が生きた状態で届く事が無いと言われています。

 

 

どおりでヨーグルトや乳酸菌がいっぱいと言われているヤクルトを飲んでも
効果が無い訳だ!とこの説を聞いた時は非常に納得しました。

 

 

食物繊維はやはり恒常的に効果がある

乳酸菌と比較して、食物繊維は便秘をすぐに治すとまではいかないまでも、
便秘の体質を改善してくれる効果があります。

 

食物繊維が豊富というと、ゴボウ等の根菜類が有名ですが、
最近では、糖質制限ダイエットのサポートとしても人気がある、

 

”大豆” もある食べ方をするゴボウ以上に繊維が豊富で且つ良質な
たんぱく質が多くあるので、ダイエットの方に人気があります。

 

便秘解消と共にダイエットもしたい!

 

という人には絶対おすすめです

 

テレビや雑誌で取り上げられて有名になって、
品薄の様で今は新規で購入できるか分かりませんが、
私が購入しているのは、この大豆デイズです。

 

→ 大豆デイズのサイトはこちら

 

 

 

でも乳酸菌も摂っておきたい!

 

乳酸菌は、便秘のタイプであったり、その人の体質であったり、腸まで届かないから、
効果が薄いと言われながらも
最近では、その様な説に対抗する色々な乳酸菌の商品が出ています。

 

数多くの種類の乳酸菌を腸まで届く役割をする”オリゴ糖”の商品です。

 

 

色々な乳酸菌のサプリメントを試しましたが、この商品の良いところは、
サプリメントといっても、全てが食物から摂取したもので、
赤ちゃんにも摂取することが出来ること。

 

そして、効果がなければ全額返品という保証制度があるところです。

 

 

→ オリゴ糖の商品

 

 

 

最終的に効果があった食品と乳酸菌のサプリメント

 

少し話が長くなりましたが、私が色々な便秘の資料や名医と言われている先生の著書を見て試した中で
効果的だったのが、

 

1.すぐに効果があるのは、朝起きた時の冷たい水飲み

 

2.食物繊維の摂取

 

3.オリゴ糖の摂取

 

 

今では、これら3つを同時にしているので、どれか1つだけが効果があるとは言えませんが、便秘に悩むことは
なくなりました。

 

<運動不足が便秘の原因に!簡単に出来る運動で便秘解消>

 

簡単に出来る運動で便秘解消

便秘の原因には運動不足も挙げられます。お腹周辺の筋肉が衰えてしまうと便を押し出す働きが弱まっていってしまいます。

 

加齢と共に起きる便秘はこれが原因になっている事も多いです。

 

とはいえ、毎日簡単に行える運動でなければ長続きできませんし、長い時間を必要とする運動だとおっくうに感じる人もいます。

 

今回は簡単に行えて、便秘解消につながる筋肉を鍛える事が出来る運動を紹介してみたいと思います。

 

<一日5分の○○運動で便秘解消!?>

 

一日たった5分だけ、それも適当にテレビでも観ながら出来る便秘解消の運動があります。それが「裸足で」つま先立ちをする運動です。1日5分つま先立ちをするだけで、足腰・腹筋を鍛えて基礎代謝量をアップさせ、血流も良く出来ます。

 

特につま先立ちで鍛える事が出来るふくらはぎは血液やリンパの流れと深く関わっている部分です。すぐに便秘解消につながりやすく、時間も場所もとらないので気軽に行える運動です。

 

背筋を伸ばしてお腹に力を入れるイメージでゆっくりとつま先立ちをしたまま5分間キープするだけとなります。慣れないうちはどこかにつかまりながら行っても良いでしょう。

 

<運動不足の中でも腹筋の衰えは便秘につながりやすい>

 

便秘で悩んでいる人の多くは弛緩性便秘だと言われています。これは腹筋の衰えによって引き起こされる便秘という特徴がありますので、弛緩性便秘の人は腹筋を鍛えると腸の働きを高めて便秘解消につながります。

 

また、腹筋は便を体外に排せつする際にも必要とします。これが弱まれば便を運ぶ蠕動運動も弱まってしまいます。しかし筋トレが好きな人でもないと、毎日床に寝転がって腹筋は負担になってしまいますし長続きしない人も多いです。腹筋を鍛えるのはムッキムキになるためではなく便秘解消が目的ですので、気楽に出来るのが一番です。

 

そこでおすすめなのが、ファンクショナル腹筋です。このページでも簡単なやり方はざっと説明しますが、画像があった方がわかりやすいので、文章でわかりづらかったらネットで更にくわしいやり方を調べてみてください。

 

●ファンクショナル腹筋のやり方

 

@椅子に浅く腰掛けます。

 

A腕を交差し、それぞれの手の平を古代のミイラのように肩に付けます。

 

B体を後方にねじります。ねじった方と同じ腕を斜め上に伸ばし、体を背もたれ側に倒し、背もたれに付かない位置で止めます。

 

Cこれを左右5回ずつ行いましょう。

 

<慢性的な便秘に効く!便をグイグイ押し出すストレッチ>

 

ストレッチとマッサージ

慢性的な便秘の人は食生活を和食中心にし、オリゴ糖や食物繊維をしっかりと摂りつつ、良質な乳酸菌サプリで体質改善をしていくのがおすすめです。

 

また、腸内で滞留してしまっている便を押し出すサポートをする目的で軽いストレッチをすると良いでしょう。

 

腸の便が溜まりやすい部分をダイレクトに刺激する事で便意を催させたり、排せつをうながすストレッチがおすすめです。全てのストレッチをしなくとも、ひとつずつ試すなどして自分に効果があったものだけを行うのでもOKです。

 

@弛緩性便秘の疑いが強い人向けのストレッチ

 

弛緩性便秘の人は大腸が折れ曲がる部分に便が溜まりやすくなります。まず左手は肋骨のあたりを掴み、右手は骨盤のでっぱり周辺を掴みます。そして掴んだまま腰をゆっくりと20回回しましょう。

 

A直腸性便秘の疑いが強い人向けのストレッチ

 

直腸性便秘は肛門の出口付近までは便を押し出す事が出来ますが、腹筋が衰えていたり、水分不足で便が硬くなってしまう事が原因で排せつに至ることができなくなっています。体をねじるストレッチをする事で刺激し、便を排せつしやすくする事が可能です。

 

このストレッチでは椅子を使います。椅子に腰かけ、まずは右ひじと左ひざをくっつけ、もとの状態に戻したらすかさず次に左ひじと右ひざをくっつけます。これを交互に20回行いましょう。

 

B腸の便を押し出す働きを高めるストレッチ

 

腸には上行結腸と呼ばれる部分がありますが、便が下から上に移動しなければならないため、便を押し出す力が弱まるとここに便が溜まりやすくなってしまいます。このストレッチを行うと便を押し出す力のアップだけでなく、尿漏れ防止にもつながります。

 

このストレッチのやり方ですが、仰向けに寝転がりって膝を立てます。手の平を床に付け、お尻に力を入れて持ち上げ、下ろします。これを1セット20回行うようにします。

 

Cねじれ腸マッサージ

 

腸はとても長さがありますが、運動不足の人はねじれ腸になりがちです。また、ねじれ腸は割と多くの人に見られます。ねじれ腸は重度の便秘を引き起こす事がありますので注意しなければなりません。

 

ねじれ腸マッサージは腸に直接刺激を与える事が出来るため、腸内で発生したガスを移動させ、腸をやわらかくほぐす事も出来ます。

 

ねじれ腸マッサージにはいくつかのやり方が存在しますが、どれもお腹に手をあて、お腹の肉を押して揺らすようにマッサージしていく方法になります。おへその下やわき腹のあたりなど、指の腹3本位でタッピングマッサージしていくと便意を感じるポイントが見つかる可能性があります。

 

 

 

<どれくらい便が出なかったら「便秘」と判断するのか>

 

便秘の症状に悩んでいる多くの人は、毎日毎朝便が出る事を理想としています。この便秘ですが、明確な便秘の定義はあるのでしょうか?一応国際消化器病学会では、慢性的な便秘の国際的な定義を決めているようです。

 

週3日未満の排便回数・4回に1回以上硬すぎる便が出る・4回に1回は指・綿棒・浣腸などで強制的な排せつが必要・排せつの際に強くふんばらなければならなかったり、残便感や閉塞感を感じる頻度が4回に1回以上

 

上記が慢性便秘の定義とされています。微妙にわかりづらいですが、要約してしまうと2日に1回しか排便が無い状態で、4回に1回以上硬い便が出ている状態が3ヶ月以上続いていたら慢性便秘という事になります。

 

とはいえ、大抵の人は丸一日も排便が無いと腸内にガスがたまって苦しくなったり、お腹が痛くなってしまったりして不快な症状に苦しめられるはずです。排便が無い事で自分がつらい症状を感じたら、それは便秘と言ってしまっても良いのかもしれません。

 

<便秘が引き起こす困った症状>

 

便秘は身もふたもなく言ってしまえば単なる糞詰まりですが、言葉なら一言で言い表せる症状でも便秘の影響には困ったものが結構たくさんあります。

 

お腹が張って不快感や痛みが出たり、腸内でガスが発生してゴロゴロと音を立てて非常に気になったり、口臭や体臭が強くなってしまう事もあります。また、食欲不振やゲップが多くなるといった症状が見られる人もいます。

 

家で好き勝手に過ごせる日なら良いですが、会社や学校に行かなければならない日にこれらの症状が出たら最悪ですよね。人間の腸内には悪玉菌と善玉菌が存在していますが、善玉と悪玉どちらが優勢かによって腸内環境は激変してしまいます。

 

善玉菌が多い腸内では臭いが強いガスはほとんど発生しませんので、おならもそこまで臭くはありません。しかし悪玉菌が腸内に多いと悪臭を放つガスが大量に発生してしまうため、おならが非常に臭くなります。

 

悪玉菌によって発生したガスはおならを臭くするだけでなく、腸の毛細血管に吸収して体内を駆け巡り、最終的に毛穴から体外に排出されます。これによって体臭がきつくなったり、口臭がきつくなってしまうのです。

 

 

 

更新履歴