便秘解消すぐに治す方法-運動と食事レシピ

MENU

赤ちゃんの便秘を治す解消方法

乳児の便秘解消法

 

うんちが出なくなる原因

 

赤ちゃんの便秘を治す解消方法

主な原因としては、食事、生活リズムの乱れ、運動不足、病気、排便リズムの乱れ(便秘ではない)などがあげられます。

 

 

一番多い原因が、食事とされています。赤ちゃんの腸は未発達です。少しの変化で便がでなくなる時があります。

 

母乳を飲んでいる赤ちゃんの便秘は、母乳のもとになっているおかあさんの食物繊維の摂取不足が原因の場合もあります。母乳やミルクで水分をいっぱいとっているイメージが赤ちゃんにはありますが、赤ちゃんは汗っかきです。それにより水分不足となりやすいのです。

 

解消法1、おしりを刺激する

 

うんちが肛門近くまで来ていたら、その肛門をやさしく触れて刺激してあげてください。
それでも出ないときは、綿棒を使います。
綿棒の先にベビーオイルを塗って、おしりに1cmほど入れます。
そのあと円を描くように優しくかき混ぜた後綿棒をぬきます。

 

その刺激の後、溜まっていたうんちが出る場合が多いです。
勢いよくうんちが飛び出すときもあるので、事前に紙などを引いてから行った方がいいでしよう。

 

解消法2、マッサージ

 

おへそを中心に“の”の字を描くようにマッサージしてあげます。
腸の活動を促してくれます。
赤ちゃんが嫌がる時は、お腹が張っている時もありますので、その時はやめましょう。

 

解消法3、腹這いの姿勢

 

赤ちゃんを腹這いの姿勢にすると腸が刺激されます。これは手で体を起こせるぐらいの赤ちゃんに行ってください。はいはいの状態の赤ちゃんにはやめた方がいいでしょう。

 

解消法4、食事と生活リズムを変えてみる

 

生活と食事のリズムを変えてみましょう。もう一度赤ちゃん中心の規則正しい生活リズムのあり方を考えてみましょう。

 

食事は、繊維質のものをあげるようにして様子を見てみましょう。ヨーグルトなど乳酸菌が入っているものが特におすすめです。水分不足の為に便秘になったときは、お風呂から上がった後、赤ちゃんに白湯を飲ませて様子をみてみましょう。

 

解消法5、小児医者に相談

 

うんちがあまりにも出ないときは、病気を疑って小児科にかかりましょう。小児科には赤ちゃん用の便秘薬もあるし、場合によっては浣腸もしてくれます。病気でもない限りは、食生活と適度な運動などをさせると、あかちゃんの便秘は解消されます。

 

便秘を心配するあまり、うんちを出すことに一生懸命になりがちな時もありますが、あかちゃんにストレスを与えない範囲で、解消法を行っていきましょう。

 

 

>>最新の便秘解消方法<<