便秘解消すぐに治す方法-運動と食事レシピ

MENU

便秘の症状

 

便秘の症状便秘とは、排便が順調に行われない状態のことをいいます。

 

便が何日も出ない、便が硬くてなかなか出ない、などが便秘の症状として挙げられます。

 

主に加齢や食生活などによって、善玉菌が減り、悪玉菌が増えることで腸内細菌バランスが悪くなって起きる症状です。

 

運動不足や水分の摂取不足などによって腸の中に老廃物が溜まり便秘になり、更に不規則な生活やストレスなどによって自律神経を作用し便秘になる事も有ります。便秘になりやすい人は、身体に脂肪を溜め込みやすく太りやすい体質になりがちなのも特徴です。

 

便秘の種類と症状

 

便秘は急性便秘、慢性便秘、常習便秘に分けられます。急性便秘は一過性な便秘と症候性便秘が有り、一過性の物は食事や生活の変化などによって起きるため、原因が解れば治ることに成ります。症候性便秘は腸ねん転や腸閉塞などの病気によるもので、病気が回復すれば治る便秘です。

 

慢性便秘は3日以上便通が無かったり、便が硬く少量しか出ないなどの症状で、多くは胃腸に障害が有り、長く続くと痔になったり大腸にポリープが出来たりするので注意が必要です。常習便秘は腸の機能が低下する機能性便秘で、多くの便秘症の人は常習便秘と言われています。

 

腹部膨満感があり、腸内に便やガスが溜まってお腹が張った状態になり、腹痛を起こしたりすることも有り、おならも悪玉菌の成分が多く含まれるため、臭くなります。便秘になると、便がたまっているため腸の働きが鈍くなり食欲不振になって、便が腸内で醗酵し身体や皮膚に毒素を発生します。

 

新陳代謝を抑制し、毒素が血液にのって身体にまわるため血行が悪くなり肌のツヤやハリに悪い影響を与え、肩こりや腰痛などを感じることも有ります。時には口臭も臭く、不眠になる事も有るようです。
口臭や不眠はストレスに繋がり、便秘の症状は悪化します。

 

生活習慣と食生活

 

便秘の多くは、生活習慣の乱れによって起こるもので、それほど深刻な事では無く、大方の場合は生活習慣の改善で解決しますが、便秘解消法を行なっても効果が無い場合は、何らかの重大な病気が隠れている可能性もあります。

 

発熱や吐き気、腹痛や血便などの時は腸内に異常が起こってる場合が多く、病院へ行くのが良いと思われます。便秘になりやすい人は、食生活の改善が必要です。朝食を抜かずに毎日3食きちんと食べることが大切な事で、痩せるために食事の量を減らすとか、抜くとかは食事によって摂取する食物繊維や水分の量も不足します。

 

食物繊維には腸をキレイに掃除して、排出する役割があります。食物繊維を豊富に含む野菜や果物、きのこ、などをはじめ、バランス良く食べるようにすることです。

 

水分補給

 

水分補給

人間の身体には大量の水分が存在しています。男性の場合は体重の約6割、女性の場合も半分以上が水分です。

 

汗や尿などによって水分を消費し、水分補給が出来ない場合は体内の水分バランスが崩れて様々な症状が現れ、便秘もその症状の一つです。

 

口から入った食物は胃を通過し小腸から大腸へ送られ、大腸に着いた時の食べ物はどろどろした状態で、大腸を通過する間に固形の便に成っていきます。体内の水分バランスが崩れ、便が留まり続けると、便が固くなり便秘になるのです。

 

便秘を防ぐためには、女性は約2リットル、男性は約2.5リットルを毎日、意識して摂取しなければなりません。

 

運動

 

運動不足でも便秘になります。特に便秘には腹筋が必要で、鍛えなければなりません。女性は男性に比べて腹筋が弱く、大腸が便を送り出す力が弱いため、便秘に悩まされがちです。腹筋の力が弱まると腸のぜん動運動も弱くなる事から、毎日の運動が欠かせません。

 

ストレス

 

肉体的、精神的なストレスを受けると、多くは自律神経の働きが鈍ってしまいます。自立神経の働きが鈍ると、小腸や大腸などの働きも鈍くなり便秘になります。適度な運動を日々行い、ストレスを溜め込まないことが大切です。

 

体が冷える冷え、冷え性なども、肉体的なストレスにあたります。自律神経の働きを鈍らせないためには、体が冷えすぎないように注意することも大切な事です。

 

まとめ

 

便秘は万病の元と言われ、悪玉菌が増え腸に異常をきたす症状です。多くは生活習慣の改善で避けることの出来るものです。正しい食生活を心がけ、適度な運動、ストレスを貯めない生活を送る事で便秘にならない身体作りは可能です。