便秘解消すぐに治す方法-運動と食事レシピ

MENU

便秘を大根で治すレシピや効果

便秘解消‐大根の食べ方

 

大根の食べ方

便秘は万病の元と言われ、排便が順調に行われない症状です。

 

長期化することで重大な病気を引き起こす原因にも成り、早めの解消を行う事が必要になります

 

便秘は生活習慣の、特に食事や食品の食物繊維を含んだ物を摂取することで改善がみられ、更に適度な運動や水分補給を十分にすることで解消へと向かいます。

 

大根の食べ方

 

最近、大根が便秘やダイエットに注目されているようです。大根には植物繊維と酵素が含まれています。酵素とは、あらゆる生命体に欠かせない栄養素のひとつで、老廃物を排出し、腸内環境を整える働きも有り、老化の原因となる活性酸素を排除する働きもあります。

 

大根にはアミラーゼやイソチオシアネートなどの消化酵素が豊富に含まれています。この消化酵素が、炭水化物の消化を促し、さらには便通を改善させることに成ると考えられています。アミラーゼは大根の辛み成分で、炭水化物の消化を促し腸の働きを整える成分です。

 

ただ、イソチオシアネート、イソチオシアネートは熱に弱く、加熱を伴うと効果を期待できなくなり生で食べるのが肝心です。イソチオシアネートは大根をすりおろすことで生成される成分ですから、すりおろして食べなければなりません。

 

酵素は消化と代謝を促す優れものです。大根には便秘を改善する食物繊維も豊富に含まれていて、水分も多量に含まれています。そのうえ、消化や代謝が良くなることで便秘には優れた食品です。

 

便秘とは

 

便秘とは

便秘は、腸の働きが鈍くなり、便が腸内で醗酵し身体や皮膚に毒素を発生します。

 

新陳代謝を抑制し、毒素が血液にのって身体にまわるため血行が悪くなり肌のツヤやハリに悪い影響を与え、肩こりや腰痛などを感じることも有ります。

 

時には口臭も臭く、不眠になる事も有ります。口臭や不眠はストレスに繋がり、便秘の症状は悪化します。

 

自覚症状として、腹痛、吐き気、直腸残便感、腹部膨満感、下腹部痛、食欲不振、めまいなどなどが有り、便秘が重篤になると大腸癌や直腸がん、痔や甲状腺機能低下などになる事も有り、放置しない事が大切になります。

 

便秘は加齢によって頻度が上がります。特に女性に多く、女性の身体構造に関係が有ります。多くの女性は男性に比べ腹筋が弱く骨盤が広くできていることが原因です。腹筋は排便に必要な括約筋で、弱ければ排便がスムーズにいかなくなります。

 

更に、骨盤が広い事で腸が下垂しやすくなり、腸が安定しなくなり血液が滞り腸の働きが弱まるのです。腸の働きが弱まる事で、腸管も異常をきたし硬い便が溜まりやすくなり便秘になっていくのです。

男性は加齢によって腹筋が弱まり便秘になりますが、多くは男性の腸管は太いため生活習慣の乱れなどによる便秘の他は、女性に比べ頻度は低いとされています。

 

大根の効果

 

大根の効果は便秘解消に限らず様々な効果を発揮します。便秘を解消することによるダイエット効果、肌のアンチエイジング効果、女性のむくみ解消効果などが有ります。ビフィズス菌を含むヨーグルト、オリゴ糖が含まれるハチミツ等と生の大根は相性も良く、便秘には最適な組み合わせです。

 

大根の持つ水溶性の食物繊維とビフィズス菌の増殖を促すオリゴ糖が腸内環境を整え、善玉菌が豊富に作られることに成るからです。主食に含まれる炭水化物の消化を促進し、腸の調子を改善し便秘解消を促し便秘からくる吹き出物などの肌荒れも予防する効果があります。

 

大根はすりおろした物が効果的には最良ですが、要は熱を通さない生大根をサラダにするとか漬物にする事でも効果が有ります。ただ大根には身体を冷やす作用が有ります。大根を摂取する場合は身体を温めるものと一緒に摂取することが肝心です。

 

唐辛子、ショウガ、ニラ、玉ねぎ、カボチャ、カツオ等は身体を温める効果の有る食材ですから一緒に摂取することが望ましく、便秘解消と共に健康管理も大切になります。

 

まとめ

 

大根は酵素と植物繊維が多く入った優れた食材です。水分も多く、代謝を向上させ毒素を排出させる役割があります。どちらも便秘解消には重要な栄養素です。積極的に十分に摂取して便秘を解消していくことが望ましい食べ物です。

 

生活習慣の改善と共に大根による便秘の解消が果たせられる食材です。毎日ステック状にして食べるのも良いかもしれません。