便秘解消すぐに治す方法-運動と食事レシピ

MENU

便秘コロコロウンチの解消方法

 

便秘コロコロウンチの解消方法

健康な人の便の水分含有率は約70%以上で、コロコロウンチの水分含有率は60%以下と言われています。

 

便秘は、水分摂取や食生活、ストレス解消等の生活習慣の改善で徐々に解消されていきますが、
便秘でコロコロウンチの人は生活習慣と体質改善も必要になり、それなりに時間が必要とされます。

 

便秘、コロコロウンチの原因

 

コロコロウンチになる原因は、大腸に生息する腸内細菌の影響によるものが考えられています。
腸内には、約100兆個の腸内細菌が生息していて、便の半分以上を腸内細菌が占めています。

 

腸内細菌は、ビフィズス菌や乳酸菌などのように健康に有益な善玉菌や大腸菌、
ウェルシュ菌、健康に害を与える悪玉菌などが有り、
善玉菌と悪玉菌の量によって腸内環境が変わり、健康かそうでないかが決まります。

 

悪玉菌が優勢な腸内環境は、腐敗発酵によって、アンモニア、インドール、
などの有害物質や毒素が作られ、これらの有害物質や毒素は、交感神経や副交感神経に
作用する結果、腸のぜん動運動が促進され便秘が起こります。

 

コロコロウンチは、このような状態の便秘の代表的な症状となります。

 

善玉菌が優勢な場合は、ビフィズス菌や乳酸菌などが発酵を行い、酢酸、乳酸などの
有機酸が生産され、便を軟らかくする作用があり、便が硬くなるのを防ぐ効果があります。

 

コロコロウンチは、大腸に内容物が長時間とどまることによってできます。

 

内容物が腸に長時間、とどまる事によって、水分が吸い取られて硬くなってしまうのです。
その様な時にはニキビや吹き出物、乾燥肌などが発生しやすく注意しなければなりません。

 

便秘の症状となるコロコロウンチは、便の水分量、腸内環境の影響によって
形成されることになり、コロコロ便を解消させる手掛かりともなります。

 

特に女性は、生理や妊娠時に女性ホルモンの黄体ホルモンと呼ばれる物が多量に分泌され
便秘やコロコロウンチに悩ませられます。
おならも臭く、お腹の膨張感が有ります。

 

便秘コロコロウンチの解消方法

 

便秘の一般的な考え方は、偏った食事や食品、水分不足、運動不足と考えられますが、
善玉菌や植物繊維の不足が大きな原因の一つです。

 

>>善玉菌と食物繊維を摂取した私の体験談<<

 

その他にも、ストレスによる自律神経の乱れも原因になります。

 

コロコロウンチの解消は、適度な水分摂取は必要ですが、余り有効ではありません。

 

それは、摂取した水分は腸で吸収され、また大腸に到達するまでの間、
上行結腸、横行結腸、下行結腸で、ほとんど吸収されてしまうためです。

 

コロコロウンチの解消には、善玉菌と水溶性の食物繊維が必要になります。

 

植物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、水溶性は水に溶ける物で、
不溶性は水に溶けない食物繊維です。

 

野菜、根菜類、海藻類に含まれる食物繊維は、
不溶性食物繊維の物と水溶性植物繊維の物に分かれているため、

 

いかに、水溶性食物繊維を多く摂るかがポイントとなります。

 

水溶性食物繊維にはイモ類や豆類に多く含まれ、ニンニクやゴボウ、納豆などにも
多く含まれています。

 

 

また、水溶性食物繊維は保水性が高く満腹感を感じられ、善玉菌も増やし、
腸のぜん動運動も促し有効な物です。

 

昆布やわかめ等の海藻類、こんにゃく、オクラ、果物ではカキや桃に多く含まれます。

 

水溶性の食物繊維は腸内細菌の栄養源となって、腸内細菌を増やし善玉菌を増やす
作用があることが知られています。

 

また、水溶性食物繊維は保水性が高く満腹感を感じられ、腸のぜん動運動も促し有効な物です。

 

イヌリン水溶性食物繊維

 

イヌリンと言う糖質の単糖が結合した、多糖類の成分が有ります。

 

イヌリンは、砂糖やでんぷんなどの糖質の種類で、イヌリンを含む食材を摂取しても
ほとんど吸収されずに体外へ排出されます。

 

それは、腸がイヌリンを分解する酵素を持っていないため、吸収されずに排出されるためです。

 

イヌリンは水溶性の食物繊維に分類され、腸で発酵分解されるとオリゴ糖になり、
善玉菌のエサとなるため、善玉菌を増やす事により悪玉菌を減らし、腸内環境を整え便秘の、
特にコロコロウンチに効果を表します。

 

イヌリンの多く含む食材では、ゴボウが秀でていて、イモ類、ニラなどにも含まれています。
ただ、イヌリンは腸内で発酵するためガスが発生し、お腹の膨張感やオナラが出やすくなる
デメリットも有ります。

 

まとめ

 

まとめ

コロコロウンチの水分含有率は60%以下と言われていて、水分補給が必要と考えがちですが、水溶性の食物繊維や善玉菌を増やす事で解消されます。

 

ただし、偏った水溶性の食物繊維、水分不足、運動不足等の生活習慣の乱れが、大腸に生息する腸内細菌を乱す事が原因です。

 

水溶性の食物繊維の摂取によって解消は可能ですが、即効性を求めるならイヌリン水溶性食物繊維に頼るのも良いかもしれません。いずれにしても、正しい生活習慣を送る事が必要な事です。

 

 

 

 

>>最新の便秘解消方法<<