便秘解消すぐに治す方法-運動と食事レシピ

MENU

便秘解消のツボ

 

便秘解消のツボ便秘には、食事に気を付けたり、ストレッチとかありますが、ツボも効果があります。

 

人間のからだには300以上のツボがあります。

 

もちろん便秘解消に効くツボもあります。

 

手のツボ

 

日常生活を送る中で、いつでもできるのが、手のツボです。手のツボは左右対称にありますので、交互に行うといいでしょう。

 

@ 合谷(ごうこく)

親指と人差し指の付け根のちょうど中間のあたり、手の甲側にあるツボです。骨と骨の間の凹んでいる部分です。このツボは“万能ツボ”と呼ばれていて、頭痛、眼精疲労、肩こりにも効果があります。

 

A 神門(しんもん)

手首の付け根、小指側に位置するツボです。手のひらを上に向けた状態で、小指から手首までまっすぐに線を下ろしてくると、骨と筋の間にくぼみがあります。そこが神門です。ストレス軽減にも効果があります。

 

B )間使(かんし)

手首の内側にあるツボです。手のひらを上に向けた状態で、手首に反対側の手をのせてみましょう。手首から指5本分肘の側に近づいたあたりがちょうどこのツボになります。ここは筋の部分になるので、親指使って少し痛いくらいの感じで押してみるといいでしょう。

 

C 支溝(しこう)

手首の外側にあるツボです。手の甲を上に向けた状態で、手首から指3本分肘に近づいたところの中央付近に位置しています。

 

手のツボを押すときは、3回から5回位にします。少し痛いなと感じるくらいの圧が一番いいです。あとはもみほぐすような感じでゆっくりと指圧しましょう。

 

足裏のツボ

 

足裏のツボも左右対称ありますので、両方ともツボ押ししましょう。

 

@ 足裏の反射区

胃や腸などの排出の器官は、土踏まずの部分に集中しています。そこを重点的に押しましょう。親指の骨が出っぱっている所から土踏まずにかけての部分が消化系の器官です。固い部分もありますので、ツボ押しの棒などでゆっくりと移動させながら押していくといいでしょう。

 

A 児[(れいだ)

足の第二指の爪の横、第三指の爪の横がこのツボにあたります。押して痛い時は、胃腸が悪い時です。便秘、むくみに効果があります。つまむように押してあげるのがいいでしょう。

 

お腹のツボ

 

お腹のツボは朝起きた時にすると効果がでてきます。

 

@ 天枢(てんすう)

おへそから指三本分外にあります。左右対称にあります。腸の動きを活発にします。少し強めにゆっくりと押すといいでしょう。

 

A 大巨(だいこ)

天枢から指三本分下にあるツボになります。こちらも左右対称にあります。便秘と胃腸を活発にします。

 

薬に頼るのは最終手段として、まずはツボ押しをしてみて様子を見ましょう。効果がないとすぐ辞めるのではなく、食生活の改善や運動もしながら、行っていくとより高い効果が得られます。

 

 

 

>>最新の便秘解消方法<<