MENU

善玉菌と悪玉菌

善玉菌と悪玉菌

 

人間は多くの種類の細菌と共存しています。

体内にも皮膚上にも多くの細菌が存在しており、もともとは体に有益な菌だけがいますが、

 

外部から取り込む食べ物や空気から、人に害を及ぼす菌を作り出してしまったり取り込んでしまうことにより、体内に存在するようになるのです。

 

良いものは善玉菌、害を与えるものは悪玉菌と呼ばれていますが、人の体調は腸内におけるこれらのバランスが保たれているかどうかで決まります。

 

善玉菌

善玉菌として知られているものにはビフィズス菌・納豆菌・麹菌・酵母菌などがあり、現在では約500種類ほどとなっています。これらは腸内環境を酸性にすることで悪玉菌の増殖を抑制し、腸運動の活発化を促進する働きを持っています。

 

悪玉菌

一方、悪玉菌として知られているものにはウェルシュ菌・大腸菌などがあり、これらは近年の欧米化した食生活により食物繊維よりも肉の摂取量が増えることにより腸内における悪玉菌の数を増やし、・ストレスが原因となって悪玉菌の好む腸内環境を作り出していることが分かっています。

 

便秘時の腸内の様子

 

便秘になった時の腸内の様子は、便が滞留し、その時間が長くなることで悪玉菌が増えている状態となっています。腸内細菌のバランスが崩れ悪玉菌が優勢となると腸の蠕動運動が止まってしまい、増えた悪玉菌が悪臭を持つ腐敗物質やガスを発生させ、ガンを始めとする生活習慣病となる可能性を大いに引き上げてしまいます。

 

便秘がたびたび続いた時に出るおならがとても臭いのは、こういったメカニズムなのです。腸内の悪玉菌をすべて無くすことは難しく、腸内細菌を消し去ろうとすると善玉菌まで消えてしまうことになるので、腸内環境は悪くなってしまいます。

 

悪玉菌による健康被害

 

悪玉菌による健康被害

悪玉菌による健康被害は便秘をはじめ、肌荒れ免疫力低下発がん率上昇、などがあげられます。

 

肌荒れは、腸内の悪玉菌により作り出された腐敗物質・アンモニアといった有害物質が全身へと回り、皮膚からも滲み出ることによりニキビなどに発展します。

 

免疫力低下は、増えた悪玉菌により腸内環境が悪化、その結果引き起こされる便秘は消化吸収といった働きがうまく出来なくなります。栄養不足になると内臓も弱まり、免疫力が低下してしまうのです。

 

また、悪玉菌の中には発がん性物質を生成するものもあることが分かっており、腸内の悪玉菌率が善玉菌よりも増えた状態で長期間を経るとガンになる可能性が上がってしまいます。

 

悪玉菌が増える原因

 

食事

悪玉菌が増殖する具体的な原因として、食生活の乱れ肉食中心の生活ストレスなどが一般的にあげられています。眠気に負け時間が無くなり朝ご飯を抜いたり、残業で夕食を夜遅くに食べたりなど不規則な食生活が続くと、腸内細菌のバランスを取ることが難しくなってきます。

 

栄養補助食品やサプリメントで補っている人も多いですが、これも悪玉菌が増殖する原因の一つとなっています。肉食中心の生活は、古くから続く野菜・穀物中心の日本人食生活を変えてしまっています。食物繊維よりも肉の摂取が多くなると消化不良となり、悪玉菌が増えてしまいます。

 

ストレス

また、ストレス社会と呼ばれる昨今では、ストレスを受けていない人のほうが少ないと言われています。内臓の中でも精神的影響を受けやすい部位である腸は、抵抗力がすぐに落ちます。緊張するとお腹が痛くなるというのは、腸の抵抗力が落ちて悪玉菌が増殖するからです。

 

ストレスで暴飲暴食をしてしまうと、悪玉菌増殖に拍車をかけてしまうことにもなります。他にも最近の研究で驚くことが分かっており、それは「野菜を多く摂取すれば良いわけではない」ということです。実は、生の状態で野菜を摂取することにより、大量の養分が大腸に行き、バクテロイデス・クロストリジウ(ウェルシュ菌)などの菌が硫化水素をはじめとする有害ガスを発生させ悪玉菌が増えてしまうのです。

 

バクテロイデス

バクテロイデスとは「痩せ菌」として注目を浴びているもので、腸内細菌全体の約70%を占めていると言われています。強いほうに味方をする「日和見菌」であり、腸内環境が悪玉菌優性によりアルカリ性に勢いづくと、バクテロイデス属のフラギリスという種が勢力を増し、インドール・硫化水素を発生させます。さらにはニトロソアミン発がん性物質をも生成する酵素を持ちあわせていることが分かっています。

 

善玉菌を増やす方法

 

善玉菌を増やす方法

悪玉菌を減らして善玉菌を増やす方法としては善玉菌を食べる善玉菌の好物を摂取する規則正しい生活をすることです。

 

善玉菌をそのまま食べるには、ビフィズス菌が含まれているヨーグルト・チーズ、乳酸菌が含まれている納豆・味噌・ぬか漬けなどの発酵食品が強い味方となります。

 

自炊が難しい人は乳酸菌サプリメント・乳酸菌飲料を利用するのも手です。体内に摂り込んだ善玉菌を生かし増やすためには、善玉菌の好物を摂取する必要があります。善玉菌の大好物といえば食物繊維・オリゴ糖が知られていますが、食物繊維の野菜は熱を加えることにより加水分解させてからにしましょう。

 

野菜は茹でることにより細胞壁(セルロース)が破壊(加水分解)され、未分解の養分が腸に大量に届くことを抑制してくれるのです。オリゴ糖ははちみつ・バナナにも含まれ、手軽に摂取できます。