MENU

便秘で肌荒れになるの?解消方法は?

 

便秘で肌荒れになるの?

便秘になると本当に辛いですよね。お腹が圧迫されて痛くなるし、食事も美味しく食べられないので生活に支障をきたします。

 

顔色が悪く、何となく体から血の気が引いていく感覚に陥ってしまいます。さらに言えば、そんなに大きい病気じゃないからと見くびってはいけません。

 

ひどい人になると、突然倒れてしまって救急車で運ばれる事態になってしまいます。でも実は血行に良くないだけではなくて、美容にとっても非常に悪いものです。便秘が及ぼす悪影響を知って、どんな解消方法があるのか考えていきましょう。

 

便秘とはお肌にとっても大敵

 

お肌は毎日ターンオーバーを繰り返して刻一刻と生まれ変わっています。このターンオーバーがうまくいかないと、当然肌を健やかな状態に保つことが出来なくなってしまいます。クレンジングで外からいくら頑張って角質や老廃物、毛穴の汚れを落としたところで、後からできているはずの新しい角質が正常に出来ていないとお肌の状態はボロボロという結果になってしまいます。

 

便の排出が滞ると、体の排出機能が悪化するので毒素を体から排出することが出来なくなってしまいます。加えて、排出物が腸の中で腐ってくるので自ら体内で毒素を作り出してしまうことにつながります。耐えきれなくなって、その毒素を毛穴から排出しようとするので、吹き出物やニキビの原因になってしまいます。

 

便秘になると健康も害する

 

便秘になると健康も害する

健康面でも有害なことは実感としてあると思います。ひどくなると、苦しさや痛みを伴います。便が溜まることで胃も圧迫してしまいますので食事があまり食べられなくなります。

 

便が硬くなるので痔の原因になったり、腰痛の原因になることもあります。腸内で発生した悪玉菌が体に悪い影響を引き起こしてしまうことにもなりかねません。おなかの調子を整えることがとても重要です。

 

体の中からキレイにする

 

体の中からすっきりとキレイにするために、しっかり野菜を摂るようにしましょう。野菜には食物繊維が多く含まれていることは良く知られています。この食物繊維が、腸のぜんどう運動を促してくれるので、便通には効果的です。

 

また、特に人参は毒素を体から排出してくれる成分が多いので、意識して摂るように心がけます。今は糖分を摂りすぎないタイプの野菜ジュースも販売されていてコンビニでも買えますし、上手に利用して意識して腸を健やかに保ちましょう。

 

プルーンも食物繊維とビタミンを多く含む食品として有名です。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでいることが特に優れていると言われます。腸内で水に溶けると、水溶性食物繊維は乳酸菌や善玉菌を増やしてくれます。

 

どちらも腸の働きを助けてくれて正常な状態に近づけてくれるものなので、ぜひ普段の食生活に取り入れたい食品です。

 

デトックスやマッサージで体の毒素を出そう

 

デトックスやマッサージで体の毒素を出そう

サウナやお風呂に長く浸かることで汗として毒素や老廃物を体の外に出すことも効果的です。湯船につかると、水圧がお腹にもかかりますから、いい刺激にもなります。

 

ただし、水分も大量に出てしまうので、サウナやお風呂に入る前には十分に水分を摂ってからにします。体に必要な水分も排出してしまうと、便秘には逆効果になってしまいます。

 

スパで体が十分に温まると血液やリンパの流れも良くなりますから、そういう意味でもデトックスに効果的です。自分でできるマッサージも腸に直接作用できる方法なのでお勧めです。

 

おへその周りを時計回りに円を描くようにして、ゆっくりとマッサージします。お腹の中にずっととどまってしまって硬くなった便を体の外へ送り出してあげるイメージで行いましょう。

 

運動も大切

 

お腹の調子を整えて、健康で美しい肌を保つには、運動を行うことも忘れてはいけません。運動不足が便秘を招くと言われているくらいですから、逆に言えば運動が腸の働きを整えてくれるという見方もできるわけです。

 

お腹にいい運動とは、軽く走るなどの有酸素運動です。ウォーキングやジョギングなどを一日一回15分〜20分続けるだけでも十分に効果が期待できます。

 

わざわざ運動の時間が取れないという人は、電車通勤ならいつもより手前の駅で降りて家まで歩いたり、会社で数階上までエレベーターで行くところを、階段を使って上るなどの工夫で意識して体を動かす事が出来ます。

 

朝目覚めたら水を一杯飲む

 

朝目覚めたら水を一杯飲む

目覚めてから一杯の水を飲むことで、腸を起こしてあげることになります。

 

朝食をいただく前に水を飲むことで、いきなり食事を消化させるのを避けることができます。朝ごはんをしっかりと食べることで代謝も上がります。

 

肌が荒れてしまう原因は実に様々です。睡眠不足や栄養不足、スキンケアが行き届いていないということもあるでしょう。

 

ところが、お腹の調子が肌に影響すると感じている人は残念ながら少なく、なかなか気がつきにくいポイントでもあります。鏡を見てあれ?と感じたら、お通じがあるかどうかもぜひ考えてみてください。